場所の写真

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
プラットフォームを選択: Android iOS JavaScript ウェブサービス

Places SDK for iOS を使用して、アプリケーションに表示する場所の写真をリクエストできます。フォトサービスから返される写真の提供元はさまざまです。ビジネス オーナーやユーザーが投稿した写真などが該当します。場所の写真を取得するには、次の手順を行う必要があります。

  1. [GMSPlacesClient fetchPlaceFromPlaceId] を呼び出して、場所 ID とコールバックを含む文字列を渡します。これにより、GMSPlacePhotoMetadataList オブジェクトでコールバックが呼び出されます。
  2. GMSPlacePhotoMetadataList オブジェクトで、results プロパティにアクセスし、配列から読み込む写真を選択します。
  3. このリストから読み込む GMSPlacePhotoMetadata ごとに、[GMSPlacesClient loadPlacePhoto:callback:] または [GMSPlacesClient loadPlacePhoto:constrainedToSize:scale:callback:] を呼び出します。これらは、使用可能な UIImage を使用してコールバックを呼び出します。写真の最大幅または高さは 1,600 ピクセルです。

サンプルコード

次のメソッドの例では、場所 ID を取得して、返されたリストの最初の写真を取得します。このメソッドは、独自のアプリで作成するメソッドのテンプレートとして使用できます。

Swift

// Specify the place data types to return (in this case, just photos).
let fields: GMSPlaceField = GMSPlaceField(rawValue: UInt(GMSPlaceField.photos.rawValue))!

placesClient?.fetchPlace(fromPlaceID: "INSERT_PLACE_ID_HERE",
                         placeFields: fields,
                         sessionToken: nil, callback: {
  (place: GMSPlace?, error: Error?) in
  if let error = error {
    print("An error occurred: \(error.localizedDescription)")
    return
  }
  if let place = place {
    // Get the metadata for the first photo in the place photo metadata list.
    let photoMetadata: GMSPlacePhotoMetadata = place.photos![0]

    // Call loadPlacePhoto to display the bitmap and attribution.
    self.placesClient?.loadPlacePhoto(photoMetadata, callback: { (photo, error) -> Void in
      if let error = error {
        // TODO: Handle the error.
        print("Error loading photo metadata: \(error.localizedDescription)")
        return
      } else {
        // Display the first image and its attributions.
        self.imageView?.image = photo;
        self.lblText?.attributedText = photoMetadata.attributions;
      }
    })
  }
})

Objective-C

// Specify the place data types to return (in this case, just photos).
GMSPlaceField fields = (GMSPlaceFieldPhotos);

NSString *placeId = @"INSERT_PLACE_ID_HERE";

[_placesClient fetchPlaceFromPlaceID:placeId placeFields:fields sessionToken:nil callback:^(GMSPlace * _Nullable place, NSError * _Nullable error) {
  if (error != nil) {
    NSLog(@"An error occurred %@", [error localizedDescription]);
    return;
  }
  if (place != nil) {
    GMSPlacePhotoMetadata *photoMetadata = [place photos][0];
    [self->_placesClient loadPlacePhoto:photoMetadata callback:^(UIImage * _Nullable photo, NSError * _Nullable error) {
      if (error != nil) {
        NSLog(@"Error loading photo metadata: %@", [error localizedDescription]);
        return;
      } else {
        // Display the first image and its attributions.
        self->imageView.image = photo;
        self->lblText.attributedText = photoMetadata.attributions;
      }
    }];
  }
}];

キャッシュ

[GMSPlacesClient loadPlacePhoto:callback:] または [GMSPlacesClient loadPlacePhoto:constrainedToSize:scale:callback:] を使用して読み込まれた写真は、共有 NSURLCache基盤 URL 読み込みシステムによって、ディスクとメモリの両方にキャッシュされます。

キャッシュの動作を構成するには、[NSURLCache setSharedURLCache:] を使用してアプリケーション デリゲートの application:didFinishLaunchingWithOptions: メソッドで共有 URL キャッシュを変更します。

アプリケーションで NSURLCache を Places SDK for iOS と共有したくない場合は、新しい NSURLCache を作成し、これを共有キャッシュとして設定せずにアプリ内で排他的に使用できます。

帰属表示

ほとんどの場合、プレイスの写真は帰属情報なしで使用するか、画像内で必要な帰属情報を含める必要があります。ただし、返された GMSPlacePhotoMetadata インスタンスにアトリビューションが含まれている場合は、画像を表示するすべての箇所で、追加のアトリビューションをアプリケーションに含める必要があります。アトリビューション内のリンクはタップできる必要があります。詳しくは、アトリビューションに関するドキュメントをご覧ください。

使用量上限

画像の取得には 1 ユニットの割り当てが必要です。写真のメタデータを取得するための使用量上限はありません。使用量と課金の詳細を確認する。