WordPress サイトでの Google Maps Platform の使用

Google Maps Platform を使用すると、地図の表示、場所データの取得、経路の生成など、Google マップのさまざまな機能をアプリに組み込めます。

多くの WordPress プラグインが Google Maps Platform を使用して位置情報ベースの機能を提供しています。たとえば、店舗検索、複数地点経由の経路の表示、付近のお店やサービス、ランドマークの表示といった機能です。

利用可能な WordPress プラグイン

Google Maps Platform を使う機能(地図、店舗検索など)を WordPress サイトに追加するにあたっては、利用可能な WordPress プラグインが数多く存在します。

利用可能なプラグインの一覧については、wordpress.org をご覧ください。

プラグインを表示

Google Maps Platform API キーの生成

API キーは一意の認証情報です。Google Maps Platform に送られたリクエストを認証し、Google Cloud Platform の適切なアカウントに安全にアクセスして使用量に応じて課金するために使われます。

Google Maps Platform の機能を使う際は、WordPress プラグインがユーザーに代わってリクエストを送るために必要となる API キーの提供が求められます。

API キーを作成するには、以下の手順を行います。

  • Google Cloud Platform アカウントを作成します(アカウントがない場合)。
  • 新しい Google Cloud Platform プロジェクトを作成します。
  • Google Maps Platform API を有効にします。
  • API キーを生成します。

API キーを簡単に作成するには、API キー作成ツールをご利用ください。このツールがアカウントを自動的にセットアップし、WordPress プラグインに提供できる API キーを生成します。

料金

Google Maps Platform では毎月、Google Cloud プロジェクトに関連付けられた請求先アカウントに、無料利用枠として 20,000 円分のクレジットが自動的に付与されます。

地図の読み込み、ルート、場所に関する情報のリクエストなど、Google Maps Platform API に対するリクエストが行われるごとに使用料が請求されます。リクエスト 1 件あたりの費用は、リクエストの種類と 1 か月の合計リクエスト数によって異なります。詳しくは、料金計算ツールをご確認ください。

料金計算ツールに移動