クイック スタート ウィジェットについて

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ウィジェットの成功ウィンドウ

Google Maps Platform のクイック スタート ウィジェットを使用すると、安全に Google アカウントを(未作成だった場合)作成し、WordPress、Shopify、Magento といったサードパーティ プラットフォームの Google Maps Platform プラグインで使用する API キーを取得することができます。

Google にご提供いただいたお支払い情報は保護されており、プラグインのデベロッパーやご利用のプラットフォーム側から参照することはできません。

Google Maps Platform プラグインを使用する際に、次のようなオンボーディング ボタンが表示されることがあります。このボタンをクリックすると、クイック スタート ウィジェットが起動し、プラグインで使用する API キーを手軽に生成することができます。Google アカウントの作成やお支払い設定がお済みでない場合、クイック スタート ウィジェット内で行うことができます。下のボタンをクリックすれば、実際にクイック スタート ウィジェットが起動し、任意の Google Maps Platform プラグインで使用できる API キーをこの場で取得可能です。

アカウントがすでに存在する旨を伝え、ユーザーを Cloud Console に誘導するウィジェットの画面 すでに Google Maps Platform のアカウントとプロジェクトをお持ちの場合、クイック スタート ウィジェットにはその旨のメッセージが表示されます。そのまま Google Cloud Console に進んで既存の API キーを取得するか、新しいキーを作成することができます。

API キーを生成した後は、API の保護に関するベスト プラクティスに従ってキーのセキュリティを確保しましょう。

料金

Google Maps Platform では毎月、Google Cloud プロジェクトに関連付けられた請求先アカウントに、無料利用枠として 20,000 円分のクレジットが自動的に付与されます。

地図の読み込み、ルート、場所に関する情報のリクエストなど、Google Maps Platform API に対するリクエストが行われるごとに使用料が請求されます。リクエスト 1 件あたりの費用は、リクエストの種類と 1 か月の合計リクエスト数によって異なります。詳しくは、料金計算ツールをご覧ください。

料金計算ツールに移動

サポート

Google Cloud Console の [Google Maps Platform のサポート] セクションで、ヘルプの検索とサポートケースの作成が可能です。