プレミアム プランの使用レートと使用制限

注: 新規のお申し込み時または新規のお客様は、Google Maps Platform プレミアム プランをご利用いただけません。

このページは、2016 年 1 月にご利用可能になった Google Maps Platform プレミアム プランの新バージョンをご利用のお客様のみを対象としています。

ご利用のライセンス(プレミアム プランまたは以前のライセンス)を確認する方法
現在お持ちのライセンスを確認するには:
> Google Cloud サポート ポータルで、左側の [Maps: Usage Report] をクリックします。
> レポート上部の ID の形式を確認します。
   gme-[company] & proj-[number] ([type])
上記の形式の場合、プレミアム プランをご利用中です。
上記の形式でない場合、以前のライセンス(Maps API for Work または Maps API for Business)をご利用中です。

使用レート

Google Maps Platform プレミアム プランの場合、アプリケーションは、リクエストする API に応じて、さまざまなレートで割り当てを消費します。

Maps API クレジット

プレミアム プランをご利用のお客様は、アプリケーションの年間使用量の推定に合わせ、割り当て(Maps API クレジット)を 1 年分以上購入できます。Maps API に対するアプリケーションのすべてのリクエストは、購入したクレジットのプールからクレジットを消費します。たとえば、Maps JavaScript API を使用して地図を表示するアプリケーションの場合、そのアプリケーションは Maps JavaScript API の地図の読み込みに対するクレジットを消費します。アプリケーションがプール内のすべてのクレジットを消費した場合、必要に応じて、追加クレジットを購入できます。

API 別の使用レート

API リクエストのタイプ 消費する Maps API クレジットの量
Maps JavaScript API の地図の読み込み 1
Maps Static API、Street View Static API の地図の読み込み
0.25
Street View Static API メタデータ リクエスト
0
Mobile SDK(Android、iOS)の地図の読み込み 1
Places API のサーバー側およびクライアント側のリクエスト(プレイス オートコンプリートを除く) 2
プレイス オートコンプリート(サーバー側およびクライアント側)リクエスト 0.1
ウェブサービス API(サーバー側)リクエスト: Geocoding API、Directions API、Distance Matrix API(要素ごと)、Elevation API、Geolocation API、Time Zone API、Roads API 0.25(元から含まれている 1 日あたりの使用制限の超過後)
クライアント側リクエスト: Geocoding API、Directions API、Distance Matrix API(要素ごと)、Elevation API 0.25(元から含まれている 1 日あたりの使用制限の超過後)

地図の読み込み

ウェブ API:

単一の地図の読み込みが課金されるケースは以下のとおりです。

  • Maps JavaScript API を使った地図を表示するウェブページやアプリケーション
  • アプリケーションが Maps Static API に単一の地図画像をリクエストした場合

ストリートビュー パノラマは、地図の読み込みとは別に課金されます。

  • 静的ストリートビュー パノラマは、静的(非インタラクティブ)なストリートビュー パノラマを埋め込むために、Street View Static API に対してリクエストが実行されるたびに課金されます。
  • 動的ストリートビュー パノラマは、Maps JavaScript API、Maps SDK for Android、または Maps SDK for iOS のアプリでパノラマ オブジェクトをインスタンス化するたびに課金されます。

ウェブページまたはアプリケーションによって、地図、静的な地図画像、またはストリートビューのパノラマ画像が読み込まれた後、パン、ズーム、マップレイヤーの切り替えなどのユーザー操作が行われた場合、追加のマップロードが発生したり、使用制限に影響が及んだりすることはありません。

Mobile SDK:

Android または iOS モバイル アプリケーションで以下の Google マップまたはパノラマ オブジェクトをインスタンス化するたびに、地図の読み込み 1 回分が課金されます。

  • iOS の GMSMapView オブジェクトまたは GMSPanoramaView オブジェクト。
  • Android の MapFragmentSupportMapFragmentMapViewStreetViewPanoramaFragmentSupportStreetViewPanoramaFragmentStreetViewPanoramaView のいずれか。関連する onCreate() メソッドが呼び出されるたびに、地図の読み込み 1 回とカウントされます。

モバイルアプリでマップまたはストリート ビューパノラマ画像を読み込んだ後は、それをユーザーが操作しても追加の地図の読み込みが生成されたり使用制限に影響が生じたりすることはありません。

Places API の使用量

プレイス検索、プレイス詳細、およびプレイスフォトのリクエストは、プレイス オートコンプリートのリクエストとは別に課金されます。たとえば、オートコンプリート ウィジェットでユーザーが平均 5 文字(キーストローク)を入力して場所を見つけ、さらにその場所を選択して詳細を表示する場合、アプリケーションは次のようにクレジットを消費します。

5 プレイス オートコンプリート リクエスト × 0.1(0.5 クレジット)+ プレイス詳細(プレイス選択)リクエスト(2 クレジット)= 2.5 クレジット

Places SDK for Android と Places SDK for iOS は販売されていないため、プレミアム プランには含まれていません。

Places API のコストが高すぎるのですが、どうすればコストを抑えられますか?

Maps JavaScript API Placeautocomplete ウィジェットを使用することをおすすめします。autocomplete ウィジェットの使用コストを削減するには、placeIdOnly オプションを使用して、プレイス オートコンプリート サービスからプレイス ID への直接アクセスを有効にします。すべての詳細情報は不要で、住所のみを必要とするアプリケーションの場合、placeIdOnly オプションではプレイス詳細リクエストはスキップされます。対応する住所を取得するには、プレイス ID をジオコーディング サービスまたは Geocoding API に渡します。また、住所のテキスト文字列または latitude と longiture のペアの代わりに、プレイス ID をルート、距離行列サービス、Directions API、または Distance Matrix API に渡すことができます。

Google Maps API Geocoder Toolプレイス オートコンプリート、Directions の例は、placeIdOnly オプションの使い方を説明する形に更新されています。

使用制限

合計使用制限

API に対するアプリケーションのすべてのリクエストは、Maps API クレジットを消費します。したがって、アプリケーションの合計使用制限は、購入したクレジット数で決まります。すべての Maps API クレジットを消費しても、アプリケーションのリクエストは引き続き実行されますが、アカウントに対して超過料金が請求される場合があります。この場合、アカウントの停止を防ぐために、Google Maps Platform プレミアム プラン ライセンスをできるだけ早く更新する必要があります。割り当ての消費量が 25%(最初の 60 日間でこの消費量に達した場合)、50%、75%、85%、100%、110%、130% に達したときに、Google から消費量に関する通知がメールで送られます。

Maps JavaScript API

地図の読み込みを生成する Maps JavaScript API に対するリクエストは、プレミアム プランでの Maps APIs Credits の年間合計購入回数のカウント対象です。

Maps JavaScript API サービス(クライアント側)

次に、アプリケーションが Maps JavaScript API からリクエストするクライアント側サービスの使用制限を示します。

サービス 制限
ルート 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 回のリクエストあたり最大 25 地点。同じプロジェクトを共有しているユーザー数に関係なく、ユーザー セッションごとにレート制限が適用されます。**
標高 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 回のリクエストあたり最大 512 地点。同じプロジェクトを共有しているユーザー数に関係なく、ユーザー セッションごとにレート制限が適用されます。**
ジオコーディング 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。同じプロジェクトを共有しているユーザー数に関係なく、ユーザー セッションごとにレート制限が適用されます。**
距離行列 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万個の要素): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。リクエストあたり最大 100 個の要素(リクエストあたり出発地は最大 25 個、目的地は最大 25 個)。: mode=transit、または mode=driving 時に任意のパラメータ departure_time を使用するリクエストは、リクエストあたり 100 個の要素に制限されます。同じプロジェクトを共有しているユーザー数に関係なく、ユーザー セッションごとにレート制限が適用されます。**

* 1 日あたり 10 万回の無料リクエストが、すべての Maps JavaScript API クライアント側サービスおよび Google Maps API ウェブサービスで共有されます。すべてのリクエストは、1 日あたり 10 万回の無料リクエストのプールから差し引かれます。すべての追加リクエストは、プレミアム プラン用に購入した Maps API クレジットの合計数のカウント対象です。1 日あたりの無料リクエストのプールは、太平洋標準時の午前 12:00 にリセットされます。1 日あたり 10 万回の無料リクエスト数は、位置情報サービスのライセンスには適用されません。

** API の初回読み込み時に、リクエストの最初の割り当てが適用されます。この割り当てを消費すると、API は追加のリクエストに対し、1 秒あたりのレート制限を適用します。特定の期間内に実行されたリクエストが多すぎる場合、API は OVER_QUERY_LIMIT レスポンス コードを返します。このセッションごとのレート制限により、ジオコード一括処理など、バッチ リクエストのクライアント側サービスは使用できません。バッチ リクエストには、Google のウェブサービス API を使用してください。

Google Maps Mobile SDK

サービス 制限

Maps SDK for Android
Maps SDK for iOS

地図の読み込みは、プレミアム プラン用に購入した Maps API クレジットの合計数のカウント対象です。

Google Maps Image API

サービス 制限
Maps Static API

リクエストは、プレミアム プランで購入した合計 Maps API クレジットのカウント対象です。

画像の最大サイズは 2,048×2,048 ピクセルです。後述する scale パラメータに応じます。


Street View Static API

リクエストは、プレミアム プラン用に購入した Maps API クレジットの合計数のカウント対象です。

最大画像サイズは 2,048×2,048 ピクセルです。

Street View Static API のメタデータ リクエストは無料であり、Maps API クレジットは消費されません。

アプリケーションは、最大 2,048×2,048 ピクセルの Maps Static API 画像をリクエストできます。静的な地図のリクエストの scale の値は、返されるピクセル数に影響するため、size の最大値はスケールレベルによって異なります。

スケール 最大サイズ 戻り値
1 2048x2048 2,048x2,048
2 1024x1024 2,048x2,048
4 512x512 2,048x2,048

Street View Static API は scale パラメータをサポートしていません。

ウェブサービス API

ウェブサービス 制限
ルート 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 回のリクエストあたり最大 25 地点。1 秒あたり 50** リクエスト
標高 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 回のリクエストあたり最大 512 地点。1 秒あたり 50** リクエスト
ジオコーディング 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 秒あたり 50** リクエスト
距離行列 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万個の要素): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 回のリクエストあたり最大 625 個の要素(リクエストあたり出発地は最大 25 個、目的地は最大 25 個)。レート制限は 1 秒あたり 1,000 要素まで。: mode=driving 時に任意のパラメータ departure_time を使用するリクエストは、リクエストあたり 100 個の要素に制限されます。
位置情報 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 秒あたり 50** リクエスト
タイムゾーン 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 秒あたり 50** リクエスト
道路 1 日あたりの無料の共有* 割り当て(24 時間あたり 10 万回のリクエスト): 追加のリクエストは、Maps API クレジットの年間購入数のカウント対象です。1 秒あたり 50** リクエストリクエストあたり最大 100 地点。

* 1 日あたり 10 万回の無料リクエストが、すべての Maps JavaScript API クライアント側サービスおよび Google Maps API ウェブサービスで共有されます。すべてのリクエストは、1 日あたり 10 万回の無料リクエストのプールから差し引かれます。すべての追加リクエストは、プレミアム プラン用に購入した Maps API クレジットの合計数のカウント対象です。1 日あたりの無料リクエストのプールは、太平洋標準時の午前 12:00 にリセットされます。1 日あたり 10 万回の無料リクエスト数は、位置情報サービスのライセンスには適用されません。

** 乱用を防止するためのデフォルトのレート制限です。ウェブサービスの使用量を最適化する方法や、レート制限(QPS)の引き上げをリクエストする方法をご確認ください。

Places API

サービス 制限
Places API
リクエストは、プレミアム プラン用に購入した Maps API クレジットの合計数のカウント対象です。デフォルトのレート制限は 1 秒あたり 50 リクエストです。ウェブサービスの使用量を最適化する方法や、レート制限(QPS)の引き上げをリクエストする方法をご確認ください。
Places API のクライアント側サービス リクエストは、プレミアム プラン用に購入した Maps API クレジットの合計数のカウント対象です。プレミアム プランのプロジェクトごとに、1 秒あたりのリクエスト数は無制限。* 同じプロジェクトを共有しているユーザー数に関係なく、ユーザー セッションごとに追加のレート制限が適用されます。**

* 同じプレミアム プランのプロジェクトの認証情報を使用するすべてのウェブ アプリケーション。

** API の初回読み込み時に、リクエストの最初の割り当てが適用されます。この割り当てを消費すると、API は追加のリクエストに対し、1 秒あたりのレート制限を適用します。一定の期間内に多数のリクエストが送信されると、API は、OVER_QUERY_LIMIT レスポンス コードを返します。このセッションごとのレート制限により、バッチ リクエストのクライアント側サービスは使用できません。バッチ リクエストには、Google のウェブサービス API を使用してください。

使用モデルの概要

次の図は、Google Maps Platform のプレミアム プランの使用レートと使用制限の概要を示しています。

グラフを PDF 形式でダウンロード