プレミアム プランの概要

注: 新規のお申し込み時または新規のお客様は、Google Maps Platform プレミアム プランをご利用いただけません。

このページは、2016 年 1 月にご利用可能になった Google Maps Platform プレミアム プランの新バージョンをご利用のお客様のみを対象としています。

ご利用のライセンス(プレミアム プランまたは以前のライセンス)を確認する方法
現在お持ちのライセンスを確認するには:
> Google Cloud サポート ポータルで、左側の [Maps: Usage Report] をクリックします。
> レポート上部の ID の形式を確認します。
   gme-[company] & proj-[number] ([type])
上記の形式の場合、プレミアム プランをご利用中です。
上記の形式でない場合、以前のライセンス(Maps API for Work または Maps API for Business)をご利用中です。

Google Maps Platform プレミアム プランへようこそ

Google Maps Platform プレミアム プランに登録すると、指定した連絡先メールアドレスに Google からウェルカム メールが届きます。ウェルカム レターには次の重要な情報が記載されているため、必ず身近な場所に保管してください。

  • プロジェクト ID
  • クライアント ID
  • クライアント ID の秘密暗号化キー
  • Google アカウント

パッケージの内容

プレミアム プランでは、Google の一連のサービスをご利用いただけます。各 API には、デベロッパー ガイドや API リファレンス ガイドなど、総合的なドキュメントが用意されています。

ウェブ API ウェブサービス API Mobile SDK

1 Places API はプレミアム プラン アセット トラッキング ライセンスに含まれていません。アセット トラッキング ライセンスを所有し、Places API の使用を希望する場合は、Google Maps API の営業チームにお問い合わせください。

API のプロビジョニング

Google Cloud Platform Console プロジェクトで購入したすべての API が有効になりました。コンソールにアクセスするには、Google アカウントにログインして、プロジェクト ID(Google Maps API for Business、Google Maps for Work、または Google Maps で始まります)を選択します。アカウントとプロジェクト ID はどちらもウェルカム レターに記載されています。

認証と承認

API にリクエストするには、API キーまたはクライアント ID でアプリケーションを認証する必要があります。また、特定の API のリクエストではデジタル署名も必要です。

API キー

API キーを使用して、すべての API へのリクエストを認証できます。キーを作成するには、プロジェクト ID に関連付けられた Google Cloud Platform Console プロジェクトを使用します。API キーを使用すると、次の操作を行えます。

  • Google Cloud Platform Console ですべての API を管理する
  • Google Cloud Platform Console でアプリケーションのリアルタイムの使用状況データと 30 日間の使用状況履歴データにアクセスする

クライアント ID

API キーの代わりに、クライアント ID を使用して、Places API、Geolocation API、Roads API、Maps SDK for Android、Maps SDK for iOS を除くすべての API にリクエストを実行できます。

クライアント ID を使用すると、次の操作を行えます。

  • Google Cloud サポート ポータルで、30 日以上のデータが反映された使用状況レポートを表示する
  • リクエストに channel パラメータを追加して、詳細な使用状況レポートを表示する
  • Maps JavaScript API で Maps Analytics ツールを使用する

デジタル署名

一部の API へのリクエストでは、API キーまたはクライアント ID に加えて、プレミアム プランの割り当てと機能を利用するために一意のデジタル署名も必要です。デジタル署名は、ウェルカム レターに記載されている秘密暗号化キー(Google Cloud サポート ポータルでも確認可能)を使用して生成できます。特に、次の認証方法を使用する場合はデジタル署名を使用する必要があります。

  • クライアント ID と、ウェブサービス API、Maps Static API、または Street View Static API
  • API キーと、Maps Static API または Street View Static API

詳細情報

API キーまたはクライアント ID の使用方法とデジタル署名の生成方法について詳しくは、プレミアム プラン: API キーの取得をご覧ください。左側のナビゲーション バーで目的の API または SDK を選択します。

使用レートと使用制限

アプリケーションで Maps API クレジットが消費される仕組みと、Google Maps Platform プレミアム プランの使用量上限については、使用レートと使用制限をご覧ください。

レポート

Google Maps Platform プレミアム プランでは、実行されたリクエスト、消費されたクレジット、返されたエラーなど、アプリケーションの使用状況に関する詳細なレポートにアクセスできます。レポートツールと、レポートで提供されるデータの詳細については、レポートの概要をご覧ください。

よくある質問

Google Maps Platform に関してご不明な点がある場合は、よくある質問(FAQ)をご覧ください。

開始前のチェックリスト

プレミアム プランを使用してアプリケーションの開発を始める際には、主なステップのチェックリストをご覧ください。

参考情報

Google Maps Platform プレミアム プランのユーザーは、Google Cloud サポート ポータルにアクセスして、サポートへの連絡先情報を参照したり、専用のツールやリソースを利用したりできます。詳しくは、サポートとリソースをご覧ください。

ライセンスの更新

Google Maps API for Work ライセンス、Maps API for Business ライセンス、または 2015 年に購入されたプレミアム プランの更新については、次のリソースで補足情報をご覧ください。