はじめに

Google Apps Script API を使用すると、Apps Script プロジェクトの作成、変更、デプロイをプログラムで行えます。Apps Script エディタでは、Apps Script エディタを使用する必要があります。アプリは API を使用して、スクリプト プロジェクトの管理、新しいスクリプト バージョンの作成とデプロイ、スクリプト実行のモニタリングを行うことができます。

Apps Script API は、Apps Script Execution API の代替および拡張でもあります。 Execution API の場合と同様に、Apps Script API を使用して Apps Script 関数をリモートで実行できます。

API の概要

Apps Script API は複数のリソースに分割されており、各リソースには特定の目的と実行可能なリクエスト セットがあります。これらのリソースは次のとおりです。

  • projects - スクリプト プロジェクトの表現。API によって、プロジェクトの作成、読み取り、モニタリング、変更を行うためのメソッドが提供されています。
  • projects.deployments - スクリプトのデプロイの表現。API には、スクリプト プロジェクトのデプロイを作成、一覧表示、更新、削除するメソッドが用意されています。
  • projects.versions - スクリプト プロジェクト バージョンを表します。API には、プロジェクト バージョンを作成して読み取るためのメソッドが用意されています。
  • processes - スクリプト関数の実行。API には、既存のプロセスを一覧表示し、種類や現在のステータスなどのプロセスに関する情報を収集するためのメソッドが用意されています。
  • scripts - Apps Script 関数をリモートで実行するメソッドを提供するエンドポイント。