Routes API のプレビュー版で、次世代の Directions 機能をお試しいただけます。

Directions API のポリシー

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、Directions API を使って開発するアプリケーションの要件を示します。Directions API の使用には、Google との契約が適用されます。

利用規約とプライバシー ポリシーを明示する

Directions API アプリケーションを開発する場合は、利用規約プライバシー ポリシーを、Google との契約に記載されているガイドラインを遵守したアプリケーションで公開する必要があります。

  • 利用規約プライバシー ポリシーが一般公開されている必要があります。
  • アプリの利用規約に、そのアプリを使用するとユーザーは Google の利用規約に従うことを明示的に記載する必要があります。
  • プライバシー ポリシーで、Google Maps API を使用していることをユーザーに通知し、Google プライバシー ポリシーを参照して統合する必要があります。

利用規約プライバシー ポリシーを公開するおすすめの方法は、アプリのプラットフォームによって異なります。

モバイルアプリ

モバイルアプリを開発する場合は、利用規約プライバシー ポリシーへのリンクを、該当するアプリストアとアプリケーション設定メニューにあるアプリケーションのダウンロード ページに掲載することをおすすめします。

ウェブ アプリケーション

ウェブ アプリケーションを開発する場合は、ウェブサイトのフッターに利用規約プライバシー ポリシーへのリンクを入力することをおすすめします。

コンテンツのプリフェッチ、キャッシュ保存、保存

Directions API を使用するアプリケーションには、Google との契約条項が適用されます。本契約の規定を条件として、本規約で規定された限定条件を除き、コンテンツのプリフェッチ、インデックスへの登録、保管、キャッシュは禁止されています。

Directions API の結果の表示

Directions API の結果は、Google マップまたは地図なしで表示できます。Directions API の結果を地図に表示するには、これらの結果を Google マップに表示する必要があります。 Google マップではない地図で Directions API データを使用することは禁止されています。

アプリケーションに Google マップを表示する場合、Google ロゴは含まれますが、変更できません。Google マップと同じ画面に Google データを表示するアプリでは、Google への追加の帰属表示は不要です。

ページまたはビューに Google マップも表示していないデータを表示する場合、そのデータに Google ロゴを表示する必要があります。たとえば、あるタブに Google データを表示し、別のタブにこのデータが表示された Google マップを表示する場合、最初のタブには Google ロゴを表示する必要があります。オートコンプリートの有無にかかわらず、検索フィールドを使用する場合は、ロゴをインラインで表示します。

Google ロゴは地図の左下か、右下に帰属情報とともに配置します。どちらも地図全体に配置し、地図やアプリケーション内の別の場所には配置しません。次の地図の例では、地図の左下に Google ロゴが表示され、右下に帰属情報が表示されます。

次の ZIP ファイルには、パソコン、Android、iOS アプリの適切なサイズの Google ロゴが含まれています。いかなる場合でも、ロゴのサイズを変更したり、ロゴに変更を加えたりすることはできません。

ダウンロード: google_logo.zip

アトリビューションは変更しないでください。帰属情報を削除、不明瞭化、切り抜きないようにしてください。Google ロゴをインラインに使用することはできません(例: これらの地図は [Google_logo]" から取得)。

帰属表示は近くに置いてください。直接埋め込みの外部で Google 画像のスクリーンショットを使用する場合は、画像に表示される標準の帰属情報を含めます。必要に応じて、テキストがコンテンツの近くにあり、平均的な閲覧者や読者が判読できるのであれば、アトリビューション テキストのスタイルと配置をカスタマイズできます。 帰属情報をコンテンツから移動することはできません(書籍の最後、ファイルまたは番組のクレジット、ウェブサイトのフッターなど)。

サードパーティのデータ プロバイダを含める。Google のマッピング サービスのデータおよび画像の一部は、Google 以外のプロバイダから提供されています。このような画像を使用する場合、帰属表示のテキストには、名前「Google」および関連するデータ プロバイダ(「マップデータ: Google、Maxar Technologies」など)を明記する必要があります。画像で引用されているサードパーティ データ プロバイダ(「Google」のみを含む)がある場合、または Google ロゴが適切な帰属表示でない場合。

アトリビューションの表示が現実的ではないデバイスで Google Maps Platform を使用している場合は、ユースケースに合ったライセンスについて、Google セールスチームにお問い合わせください。

サードパーティのコンテンツの属性

Directions API からのレスポンスに交通機関の詳細が含まれている場合は、ルートを提供する交通機関運営者の名前と URL をアプリケーションで表示する必要があります。関連するフィールドの仕様については、Directions API のレスポンスagencies 配列をご覧ください。この情報は、Directions API データの下に配置することをおすすめします。

ただし、プレイスを一意に識別するために使用されるプレイス ID は、キャッシング制限の適用対象外のため、無期限で保存できます。 場所 ID の値は、Directions API のレスポンスの place_id フィールドに返されます。

Google アトリビューションのスタイル ガイドライン

ダウンロード可能な Google ロゴを使用できない場合は、CSS と HTML で Google アトリビューションのスタイル ガイドラインを以下に示します。

クリアスペース

ロックアップの周囲のクリアスペースは、Google の「G」の高さ以上にする必要があります。

アトリビューション コピーと Google ロゴの間のスペースは、「G」の半分の幅にする必要があります。

読みやすさ

バイラインは、明瞭かつ判読できる必要があります。また、所定の背景に適した色のパターンで表示する必要があります。選択するロゴのバリエーションに対して十分なコントラストを確保するようにします。

カラー

黒または明るい色の背景に Google マテリアル グレー 700 テキストを使用し、黒の色合いを 0%~ 40% にします。

Google
#5F6368
RGB 95 99 104
HSL 213 5 39
HSB 213 9 41

暗い背景で、写真撮影や人出の多いパターンでは、バイラインとアトリビューションに白いテキストを使用します。

Google
#FFFFFF
RGB 255 255 255
HSL 0 0 100
HSB 0 0 100

フォント

Roboto フォントを使用します。

CSS の例

以下の CSS を「Google」に適用すると、「Google」が白または明るい背景に適切なフォント、色、間隔でレンダリングされます。

font-family: Roboto;
font-style: normal;
font-weight: 500;
font-size: 16px;
line-height: 16px;
padding: 16px;
letter-spacing: 0.0575em; /* 0.69px */
color: #5F6368;