センサーの未加工データにアクセス

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Sensors API を使用すると、アプリ内の未加工のセンサーデータをリアルタイムで読み取ることができます。この API を使用して、次のことを行います。

  • デバイスとコンパニオン デバイスで使用可能なデータソースを一覧表示する。
  • 未加工のセンサーデータを受信するリスナーを登録する。
  • リスナーの登録を解除して、未加工のセンサーデータの受信を停止する。

使用可能なデータソースを一覧表示する

デバイスとコンパニオン デバイス上の利用可能なすべてのデータソースのリストを取得するには、SensorsClient.findDataSources メソッドを使用します。

Kotlin

private val fitnessOptions = FitnessOptions.builder().addDataType(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA).build()

// Note: Fitness.SensorsApi.findDataSources() requires the
// ACCESS_FINE_LOCATION permission.
Fitness.getSensorsClient(requireContext(), GoogleSignIn.getAccountForExtension(requireContext(), fitnessOptions))
    .findDataSources(
        DataSourcesRequest.Builder()
            .setDataTypes(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA)
            .setDataSourceTypes(DataSource.TYPE_RAW)
            .build())
    .addOnSuccessListener { dataSources ->
        dataSources.forEach {
            Log.i(TAG, "Data source found: ${it.streamIdentifier}")
            Log.i(TAG, "Data Source type: ${it.dataType.name}")

            if (it.dataType == DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA) {
                Log.i(TAG, "Data source for STEP_COUNT_DELTA found!")

                ...
            }
        }
    }
    .addOnFailureListener { e ->
        Log.e(TAG, "Find data sources request failed", e)
    }

Java

FitnessOptions fitnessOptions = FitnessOptions.builder().addDataType(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA).build();

// Note: Fitness.SensorsApi.findDataSources() requires the
// ACCESS_FINE_LOCATION permission.
Fitness.getSensorsClient(getApplicationContext(), GoogleSignIn.getAccountForExtension(getApplicationContext(), fitnessOptions))
        .findDataSources(
                new DataSourcesRequest.Builder()
                        .setDataTypes(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA)
                        .setDataSourceTypes(DataSource.TYPE_RAW)
                        .build())
        .addOnSuccessListener(dataSources -> {
            dataSources.forEach(dataSource -> {
                Log.i(TAG, "Data source found: ${it.streamIdentifier}");
                Log.i(TAG, "Data Source type: ${it.dataType.name}");

                if (dataSource.getDataType() == DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA) {
                    Log.i(TAG, "Data source for STEP_COUNT_DELTA found!");
                    ...
                }
            })})
        .addOnFailureListener(e ->
            Log.e(TAG, "Find data sources request failed", e));

データソースのデバイスに関する情報を取得するには、DataSource.getDevice メソッドを使用します。デバイス情報は、さまざまなデバイスの類似センサーと区別する場合や、センサー情報をユーザーにユーザーに表示する場合、デバイスに応じてデータを別の方法で処理する場合に役立ちます。たとえば、ウェアラブル デバイスのセンサーからのデータの読み取りのみに関心がある場合があります。スマートフォンの同じタイプのセンサーからの読み取りは行わない場合があります。

アクティビティを実行しているデバイスの Device インスタンスを取得するには、Device.getLocalDevice メソッドを使用します。これは、アプリが実行されているデバイスと同じデータソースにデータソースが存在するかどうかを確認する場合に便利です。

リスナーを追加する

特定のフィットネス データ型または特定のデータソースから元データを受け取るリスナーを追加するには、SensorsClient.add メソッドを使用します。

Kotlin

val listener = OnDataPointListener { dataPoint ->
        for (field in dataPoint.dataType.fields) {
            val value = dataPoint.getValue(field)
            Log.i(TAG, "Detected DataPoint field: ${field.name}")
            Log.i(TAG, "Detected DataPoint value: $value")
        }
    }

Fitness.getSensorsClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
    .add(
        SensorRequest.Builder()
            .setDataSource(dataSource) // Optional but recommended for custom
            // data sets.
            .setDataType(dataType) // Can't be omitted.
            .setSamplingRate(10, TimeUnit.SECONDS)
            .build(),
        listener
    )
    .addOnSuccessListener {
    	Log.i(TAG, "Listener registered!")
    }
    .addOnFailureListener {
    	Log.e(TAG, "Listener not registered.", task.exception)
    }

Java

OnDataPointListener listener = dataPoint -> {
    for (Field field : dataPoint.getDataType().getFields()) {
        Value value = dataPoint.getValue(field);
        Log.i(TAG, "Detected DataPoint field: ${field.getName()}");
        Log.i(TAG, "Detected DataPoint value: $value");
    }
};
Fitness.getSensorsClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
        .add(
                new SensorRequest.Builder()
                        .setDataSource(dataSource) // Optional but recommended
                        // for custom data sets.
                        .setDataType(dataType) // Can't be omitted.
                        .setSamplingRate(10, TimeUnit.SECONDS)
                        .build(),
                listener
        )
        .addOnSuccessListener(unused ->
                Log.i(TAG, "Listener registered!"))
        .addOnFailureListener(task ->
    Log.e(TAG, "Listener not registered.", task.getCause()));
}

リスナーを削除する

生データの更新からリスナーを削除するには、SensorsClient.remove メソッドを使用します。

Kotlin

Fitness.getSensorsClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
    .remove(listener)
    .addOnSuccessListener {
    	Log.i(TAG, "Listener was removed!")
    }
    .addOnFailureListener {
    	Log.i(TAG, "Listener was not removed.")
    }

Java

Fitness.getSensorsClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
        .remove(listener)
        .addOnSuccessListener(unused ->
                Log.i(TAG, "Listener was removed!"))
        .addOnFailureListener(e ->
                Log.i(TAG, "Listener was not removed."));