フィットネス データを記録する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Recording API を使用すると、アプリはサブスクリプションを作成することにより、バッテリー効率の良い方法でセンサーデータの自動保存をリクエストできます。定期購入は Android アプリに関連付けられ、フィットネスのデータ型または特定のデータソースで構成されます。

アプリ内のさまざまなデータタイプやデータソースに対して、複数のサブスクリプションを作成できます。Google Fit は、アプリが実行中でない場合でも、アクティブなサブスクリプションからフィットネス データを保存します。また、システムが再起動したときに、これらのサブスクリプションを復元します。

記録されたデータは、ユーザーのフィットネス履歴で確認できます。アプリのデータをリアルタイムで表示する場合は、Sensors API と Recording API を併用してください。セッション メタデータを使用してフィットネス データを記録するには、Sessions API を使用します。

フィットネス データに登録する

アプリ内のセンサーデータのバックグラウンド収集をリクエストするには、次のコード スニペットに示すように、RecordingClient.subscribe メソッドを使用します。

Kotlin

Fitness.getRecordingClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
    // This example shows subscribing to a DataType, across all possible data
    // sources. Alternatively, a specific DataSource can be used.
    .subscribe(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA)
    .addOnSuccessListener {
        Log.i(TAG, "Successfully subscribed!")
    }
    .addOnFailureListener { e ->
        Log.w(TAG, "There was a problem subscribing.", e)
    }

Java

Fitness.getRecordingClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
        // This example shows subscribing to a DataType, across all possible
        // data sources. Alternatively, a specific DataSource can be used.
        .subscribe(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA)
        .addOnSuccessListener(unused ->
                Log.i(TAG, "Successfully subscribed!"))
        .addOnFailureListener( e ->
        Log.w(TAG, "There was a problem subscribing.", e));

定期購入が正常に追加されると、Google Fit は TYPE_STEP_COUNT_DELTA タイプのフィットネス データを、アプリに代わってフィットネス履歴に保存します。この定期購入は、アプリの有効な定期購入のリストに表示されます。

アプリでさまざまな種類のフィットネス データに登録するには、前の例の手順を行いますが、毎回異なるフィットネス データを提供します。

有効なサブスクリプションを一覧表示する

アプリの有効なサブスクリプションのリストを取得するには、次のコード スニペットに示すように、RecordingClient.listSubscriptions メソッドを使用します。

Kotlin

Fitness.getRecordingClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
    .listSubscriptions()
    .addOnSuccessListener { subscriptions ->
        for (sc in subscriptions) {
            val dt = sc.dataType
            Log.i(TAG, "Active subscription for data type: ${dt.name}")
        }
    }

Java

Fitness.getRecordingClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
        .listSubscriptions()
        .addOnSuccessListener(subscriptions -> {
            for (Subscription sc : subscriptions) {
                DataType dt = sc.getDataType();
                Log.i(TAG, "Active subscription for data type: ${dt.name}");
            }
    });
}

フィットネス データの登録を解除する

アプリ内のセンサーデータの収集を停止するには、次のコード スニペットに示すように、RecordingClient.unsubscribe メソッドを使用します。

Kotlin

Fitness.getRecordingClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
    // This example shows unsubscribing from a DataType. A DataSource should
    // be used where the subscription was to a DataSource. Alternatively, if
    // the client doesn't maintain its subscription information, they can use
    // an element from the return value of listSubscriptions(), which is of
    // type Subscription.
    .unsubscribe(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA)
    .addOnSuccessListener {
        Log.i(TAG,"Successfully unsubscribed.")
    }
    .addOnFailureListener { e->
        Log.w(TAG, "Failed to unsubscribe.")
        // Retry the unsubscribe request.
    }

Java

Fitness.getRecordingClient(this, GoogleSignIn.getAccountForExtension(this, fitnessOptions))
        // This example shows unsubscribing from a DataType. A DataSource
        // should be used where the subscription was to a DataSource.
        // Alternatively, if the client doesn’t maintain its subscription
        // information, they can use an element from the return value of
        // listSubscriptions(), which is of type Subscription.
        .unsubscribe(DataType.TYPE_STEP_COUNT_DELTA)
        .addOnSuccessListener(unused ->
            Log.i(TAG,"Successfully unsubscribed."))
        .addOnFailureListener(e -> {
            Log.w(TAG, "Failed to unsubscribe.");
            // Retry the unsubscribe request.
        });
}