グラフの操作

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ここまでに説明した内容では、グラフを描画した多くのウェブページで十分です。しかし、ユーザーのクリックを把握したい場合、またはすでに描画済みのプロパティやデータを操作する必要がある場合は、グラフによってスローされたイベントをリッスンする必要があります。

すべてのグラフで、なんらかのイベントがスローされます。最も多い原因は次のとおりです。

  • ready - ページにグラフが描画され、メソッドに応答できるときにスローされます。グラフの情報をリクエストする必要がある場合は、このイベントをリッスンします。
  • select - ユーザーがグラフ上の項目を選択したときにスローされます。通常はバーまたは円グラフのスライスをクリックすることで発生します。
  • error - DataTable の形式が正しくないため、渡されたデータをグラフでレンダリングできない場合にスローされます。
  • onmouseoveronmouseout: ユーザーが特定のグラフ要素にカーソルを合わせるかカーソルを外したときにスローされます。

イベントのリッスンは簡単です。google.visualization.events.addListener() を呼び出して、ハンドルをグラフに渡す、キャッチするイベントの名前、イベントがスローされたときに呼び出すハンドラの名前を渡すだけです。このメソッドは、draw() をまだ呼び出していない場合でも、任意のグラフ ハンドルで呼び出すことができます。リスナーを削除する前に google.visualization.events.addOneTimeListener() を呼び出すことで、リスナーを一度だけ呼び出すことができます。

部分的なコード スニペットは、グラフの select イベントをキャッチするために登録する方法を示す部分的なコードです。

load libraries...

function drawChart() {

  prepare data...

  var chart = new google.visualization.PieChart(document.getElementById('chart_div'));

  // The select handler. Call the chart's getSelection() method
  function selectHandler() {
    var selectedItem = chart.getSelection()[0];
    if (selectedItem) {
      var value = data.getValue(selectedItem.row, selectedItem.column);
      alert('The user selected ' + value);
    }
  }

  // Listen for the 'select' event, and call my function selectHandler() when
  // the user selects something on the chart.
  google.visualization.events.addListener(chart, 'select', selectHandler);

  draw the chart...

}

新しい select イベント リスナーを使った Hello Charts コードの例を以下に示します。実際に試す

<html>
  <head>
    <!--Load the AJAX API-->
    <script type="text/javascript" src="https://www.gstatic.com/charts/loader.js"></script>
    <script type="text/javascript">

      // Load the Visualization API and the piechart package.
      google.charts.load('current', {'packages':['corechart']});

      // Set a callback to run when the Google Visualization API is loaded.
      google.charts.setOnLoadCallback(drawChart);

      // Callback that creates and populates a data table,
      // instantiates the pie chart, passes in the data and
      // draws it.
      function drawChart() {

        // Create the data table.
        var data = new google.visualization.DataTable();
        data.addColumn('string', 'Topping');
        data.addColumn('number', 'Slices');
        data.addRows([
          ['Mushrooms', 3],
          ['Onions', 1],
          ['Olives', 1], 
          ['Zucchini', 1],
          ['Pepperoni', 2]
        ]);

        // Set chart options
        var options = {'title':'How Much Pizza I Ate Last Night',
                       'width':400,
                       'height':300};
 
        // Instantiate and draw our chart, passing in some options.
        var chart = new google.visualization.PieChart(document.getElementById('chart_div'));

        function selectHandler() {
          var selectedItem = chart.getSelection()[0];
          if (selectedItem) {
            var topping = data.getValue(selectedItem.row, 0);
            alert('The user selected ' + topping);
          }
        }

        google.visualization.events.addListener(chart, 'select', selectHandler);    
        chart.draw(data, options);
      }

    </script>
  </head>
  <body>
    <!--Div that will hold the pie chart-->
    <div id="chart_div" style="width:400; height:300"></div>
  </body>
</html>

 

詳細情報