始める

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このガイドは、Flutter アプリの収益化を希望するパブリッシャー様を対象としています。

アド マネージャー広告を表示して収益を得るための第一歩は、Google Mobile Ads SDK を Flutter アプリに統合することです。統合が完了したら、広告フォーマットを選択して詳細な実装手順を確認できます。

Flutter 向け Google Mobile Ads SDK は現在、バナー、インタースティシャル(全画面)、ネイティブ、リワード広告の読み込みと表示をサポートしています。

Prerequisites

  • Flutter 1.22.0 以降
  • Android
    • Android Studio 3.2 以上
    • ターゲット: Android API レベル 20 以降
    • compileSdkVersion を 28 以上に設定します
  • iOS

Mobile Ads SDK をインポートする

プラットフォーム固有の設定

Android

AndroidManifest.xml を更新する

アド マネージャー アプリ ID を AndroidManifest.xml に含める必要があります。 そうしないと、アプリの起動時にクラッシュが発生します。

アド マネージャーのアプリ ID(アド マネージャー UI で識別)をアプリの android/app/src/main/AndroidManifest.xml ファイルに追加します。その際、com.google.android.gms.ads.APPLICATION_ID という名前の <meta-data> タグを追加します。アプリ ID はアド マネージャーの管理画面で確認できます。android:value の場合、次に示すようにご自身のアド マネージャー アプリ ID を引用符で囲んで挿入します。

<manifest>
    <application>
        <!-- Sample app ID: ca-app-pub-3940256099942544~3347511713 -->
        <meta-data
            android:name="com.google.android.gms.ads.APPLICATION_ID"
            android:value="ca-app-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx~yyyyyyyyyy"/>
    <application>
<manifest>

Dart コードでプラグインを初期化するときに、同じ value を使用します。

AndroidManifest.xml の構成とアプリ ID の設定について詳しくは、Android のガイドをご覧ください。

iOS

Info.plist を更新する

アプリの ios/Runner/Info.plist ファイルで、GADApplicationIdentifier キーとアド マネージャー アプリ ID(アド マネージャー UI で確認)の文字列値を追加します。

<key>GADApplicationIdentifier</key>
<string>ca-app-pub-################~##########</string>

Dart コードでプラグインを初期化するときに、同じ値を渡す必要があります。

Info.plist の構成とアプリ ID の設定について詳しくは、iOS のガイドをご覧ください。

Mobile Ads SDK を初期化する

広告を読み込む前に、アプリで MobileAds.instance.initialize() を呼び出して Mobile Ads SDK を初期化します。これにより、SDK が初期化され、初期化が完了すると(または 30 秒のタイムアウト後に)終了する Future が返されます。この処理は 1 回だけ行います(アプリを実行する直前に行うことが理想的です)。

import 'package:google_mobile_ads/google_mobile_ads.dart';
import 'package:flutter/material.dart';

void main() {
  WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized();
  MobileAds.instance.initialize();

  runApp(MyApp());
}

class MyApp extends StatefulWidget {
  @override
  MyAppState createState() => MyAppState();
}

class MyAppState extends State<MyApp> {
  @override
  void initState() {
    super.initState();
    // Load ads.
  }
}

広告フォーマットを選択

Mobile Ads SDK がインポートされ、広告を実装できるようになりました。アド マネージャーにはさまざまな広告フォーマットが用意されているため、アプリのユーザー エクスペリエンスに最適なものを選択できます。

デバイス画面の上部か下部に表示される長方形の広告です。ユーザーがアプリを操作している間は画面に残り、一定の時間が経過すると自動的に更新されます。モバイル広告を初めてご利用の場合は、この広告から始めるのが最適です。

バナー広告を実装する

インタースティシャル

ユーザーが閉じるまでアプリのインターフェース上に全画面表示される広告です。ゲームのレベルが切り替わる合間やタスクが完了した直後など、アプリの実行の流れが自然に一時停止するタイミングでの使用に適しています。

インタースティシャル広告を実装する

ネイティブ

アプリのデザインに合わせてカスタマイズできる広告です。広告の配置場所やスタイルを指定できるため、アプリのデザインに溶け込んだレイアウトが可能になります。

ネイティブ広告を実装する

特典

短い動画を視聴し、体験プレイ広告やアンケートを操作したユーザーに特典を進呈する広告です。無料ユーザーの収益化に最適。

リワード広告を実装する