プレターゲティング

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google から最適なインプレッションの呼び出しが送信されるようにするには、以下のいずれかを使用して、ターゲティング条件に一致するインプレッションのリクエストのみを受け取るようにインプレッションをプレターゲティングします。

割り当て管理

割り当てシステムは、次の 4 つのロケーションごとに割り当てを管理します(詳細については、ピアリング取引ロケーションをご覧ください)。

  • 北アメリカ(東海岸)
  • 北アメリカ(西海岸)
  • ヨーロッパ
  • アジア太平洋

取引ロケーションごとに、複数の入札エンドポイント(最大 8 個)を定義できます。各入札エンドポイントは、認定バイヤーが入札リクエストの送信先となる URL(http://us-east.my_bidder.com:1234/google_rtb など)で識別されます。各入札エンドポイントには独自のコールアウト制限(1 秒あたりの呼び出し数)があります。エンドポイントとその制限を構成するには、テクニカル アカウント マネージャーに連絡するか、Buyer API を使用します。

割り当てシステムでは、エンドポイントがコールアウトの上限を超えるコールアウトを取得しないようにします。取引先でターゲットの合計インプレッション数がエンドポイントの総容量よりも少ない場合、割り当てシステムはエンドポイント間でコールアウトを調整します。また、割り当てシステムではエラー スロットリングが実装されています。エンドポイントのコールアウト エラー率が高い場合は、構成されたコールアウト制限よりも厳しいコールアウト制限が適用されるため、負荷が軽減されます。同じ取引ロケーションの他のエンドポイントに予備の容量がある場合、エラー スロットリングによってコールアウトがシフトされます。そうでなければ、過剰にプレターゲティングされたインプレッションは破棄されます。

割り当て管理はプレターゲティングの後に行われるため、取引ロケーションでのプレターゲティングの合計インプレッション数には影響しません。コールアウトは、同じ取引地域のエンドポイント間でのみシフトするか、コールアウトの空き容量がなくなると、過剰にターゲットを絞ったインプレッションを削減できます。