Closure Compiler アプリを使ってみる

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Closure Compiler Application の Hello World

Closure Compiler アプリケーションは JavaScript の圧縮、最適化、誤り検出を行う Java コマンドライン ユーティリティです。シンプルな JavaScript プログラムを使用して Closure Compiler アプリケーションを試す手順は次のとおりです。

この演習を行うには、Java Runtime Environment バージョン 7 が必要です。

  1. Closure Compiler パッケージをダウンロードする

    closure-compiler という作業ディレクトリを作成します。

    最新のリリースの JAR ファイルを Maven リポジトリからダウンロードして closure-compiler に保存します。

  2. JavaScript ファイルを作成する

    次の JavaScript を含む hello.js という名前のファイルを作成します。

    // A simple function.
    function hello(longName) {
      alert('Hello, ' + longName);
    }
    hello('New User');
    

    このファイルを closure-compiler ディレクトリに保存します。

  3. JavaScript ファイルをコンパイルする

    closure-compiler ディレクトリから次のコマンドを実行します。

    java -jar compiler.jar --js hello.js --js_output_file hello-compiled.js
    

    このコマンドにより、次の JavaScript を含む hello-compiled.js という新しいファイルが作成されます。

    function hello(a){alert("Hello, "+a)}hello("New User");
    

    コンパイラは、コメント、空白文字、不要なセミコロンを取り除きます。また、コンパイラは、パラメータ名 longName を短縮名 a に置き換えました。その結果、JavaScript ファイルは非常に小さくなります。

    コンパイル済みの JavaScript コードが正しく機能することを確認するには、次のような HTML ファイルに hello-compiled.js を含めます。

    <html>
    <head><title>Hello World</title></head>
    <body>
    <script src="hello-compiled.js"></script>
    </body>
    </html>
    

    ブラウザに HTML ファイルを読み込むと、わかりやすいメッセージが表示されます。

次のステップ

この例は、Closure Compiler によって実行される最もシンプルな最適化のみを示しています。コンパイラの機能の詳細については、高度なコンパイルとエクスターンをご覧ください。

Closure Compiler の他のフラグやオプションの詳細については、--help フラグを使用して jar を実行します。

java -jar compiler.jar --help