API のスタートガイド

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Closure コンパイラ サービスのサポートが終了し、今後削除されます。 代わりにコンパイラをローカルで実行することを検討してください。

Closure Compiler Service API の Hello World

Closure Compiler Service UI は数行の JavaScript コードまたは数個の URL で始めることができますが、JavaScript 最適化プロセスを自動化したい場合や、大規模なプロセス(IDE 拡張機能など)に最適化プロセスを構築したい場合は、Closure Compiler Service API に直接話しかける必要があります。Closure Compiler Service API の Hello World で行う手順は次のとおりです。

  1. HTML ページを作成する

    closure_compiler_test.html というファイルを作成し、次のコードを貼り付けます。

    <html>
      <body>
        <form action="https://closure-compiler.appspot.com/compile" method="POST">
        <p>Type JavaScript code to optimize here:</p>
        <textarea name="js_code" cols="50" rows="5">
        function hello(name) {
          // Greets the user
          alert('Hello, ' + name);
        }
        hello('New user');
        </textarea>
        <input type="hidden" name="compilation_level" value="WHITESPACE_ONLY">
        <input type="hidden" name="output_format" value="text">
        <input type="hidden" name="output_info" value="compiled_code">
        <br><br>
        <input type="submit" value="Optimize">
        </form>
      </body>
    </html>
    

    このページのフォームは、HTTP POST リクエストを使用して Closure Compiler Service API を呼び出すシンプルな(不自然な)方法です。

    compilation_level パラメータが WHITESPACE_ONLY に設定され、最も基本的な最適化をコードに適用するよう Closure Compiler サービスに指示します。このパラメータの値を SIMPLE_OPTIMIZATIONS または ADVANCED_OPTIMIZATIONS に設定すると、より高度な最適化を行うことができます。これらのコンパイル レベルの詳細については、API リファレンスをご覧ください。

  2. ブラウザでページを開く

    ブラウザで closure_compiler_test.html を開きます。下のスクリーンショットのようなページが表示されます。

  3. [Optimize] をクリックして Closure Compiler Service API にコードを送信する

    コメントと空白文字を含む次のようなコードが表示されます。

    JavaScript コードの最適化バージョンは、元のコードと機能的に同等であり、はるかに小さくなっています。このページから出力を切り取ってソースファイルに貼り付けることができます。

Closure Compiler Service API の基本事項を確認したので、Closure Compiler Service API との通信で API の使用方法と設定方法を確認しましょう。