コンテンツのメタデータを収集する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google ではメタデータ プロパティを使用して、フィードのコンテンツを Google のデータベース内のコンテンツと一致させます。コンテンツに使用するメタデータの量が多いほど、Google がより適切にコンテンツを一致させられるようになります。

情報源の方法や場所によっては、一部のコンテンツにおいてこの情報が欠落している可能性があることを Google は理解しているため、このドキュメントには必須ではないプロパティがあります。ただし、評価を実施する際、これらのフィールドはフィードの起動品質を実現するために必要になる場合があります。起動プロセスの遅延を防ぐため、これらのプロパティをフィードに含めることを強くおすすめします。

Google ではメタデータ プロパティを使用して、フィード内のコンテンツと Google のデータベースのコンテンツを一致させます。正常に一致した場合は、Google 検索結果にそのタイトルが表示されます。失敗した一致の数が多すぎる場合、Google によるフィードの承認は行われません。

一致が成功する可能性は、提供するメタデータの完全性と正確性の両方によって高まります。特に調整には、title、description、releaseDate、cast、identifier、EIDR などのプロパティが役立ちます。これらのプロパティの一部は必要なドキュメント化されていませんが、正しく調整されなかったエンティティには、これらの一部または全部の提供が求められる場合があります。

メタデータの収集

手順は次のとおりです。

  1. コンテンツの必須プロパティと推奨プロパティを特定します。
  2. メタデータ情報を 1 か所に集めて整理します。