セットアップ手順

このページでは、YouTube Android Player API 用サンプル アプリケーションを実行できるように Eclipse または IntelliJ をセットアップする方法を説明します。

どちらの手順でも、API の使用に関連付けられているデベロッパー キーの入力が必要です。デベロッパー キーを取得するには、Google API コンソールアプリケーションを登録して、Android API キーを入手します。

重要: アプリケーションを登録する時には、プロジェクトに YouTube Data API v3 サービスが追加されていることを確認してください。YouTube Android Player API では YouTube コンテンツを取得するために Data API が必要です。

また、サンプル アプリケーション ドキュメントでは、API ライブラリとともに配布されるアプリケーションについて簡単に説明しています。また、Android Dev Guide では、接続されている Android 端末でアプリをデバッグする方法を説明します。

Eclipse

以下のステップでは、Eclipse 環境をセットアップし、API とともに配布されたサンプル プロジェクトをビルドして実行するための方法を説明します。ただし、ここでは、Eclipse SDK バージョン 3.8.0 を使用した手順を説明しています。

  1. Eclipse IDE に ADT プラグインをインストールします。必ず、バージョン 20 またはそれ以降をインストールしてください。

  2. YouTube Android Player API の最新バージョンをダウンロードし、このファイルを解凍します。

  3. Eclipse で、YouTube Android Player API コードとともに配布されたサンプル アプリケーション用に新しいプロジェクトを作成します。

    1. File メニューから New を選択し、サブメニューから Project を選択します。
    2. Select a wizard ペインで Android -> Android Project from Existing Code を選択します。
    3. プロジェクトをインポートするには、ダウンロードした YouTube Android Player API ファイルを解凍したディレクトリに移動し、ルート ディレクトリを選択します。
    4. 選択されたディレクトリが検索され、YouTubeAPIDemoActivity プロジェクトが特定されます。このプロジェクトを選択し、Finish をクリックしてインポートを完了します。

    新しいプロジェクトを作成する時には、クライアント ライブラリの YouTubeAndroidPlayerApi.jar ファイルを <project_root>/libs ディレクトリにインポートする必要があります。これにより、このライブラリがビルド パスに含まれるようになります。また、ビルド パスに手動で .jar ファイルを追加することもできます。

  4. YouTubeAndroidAPIDemo パッケージ(YouTubeAndroidAPIDemo/src/com/examples/youtubeapidemo/DeveloperKey.java)の DeveloperKey.java ファイルを開き、以下の行で null を有効な YouTube デベロッパー キーで置き換えます。

    public static final String DEVELOPER_KEY = null;

    デベロッパー キーを設定しなかった場合、サンプルを実行しようとすると java.lang.NullPointerException がスローされ、サンプルは閉じられます。

  5. 接続されている Android 端末でサンプルを実行します。ただし、要求されたバージョンの YouTube アプリがエミュレータで実行されないことがあります。この場合、サンプルの実行は失敗します。

    1. YouTube アプリ バージョン 4.2.16 以降が実行されている Android 端末に接続します。
    2. Run メニューから Run Configurations を選択します。
    3. Target ペインで、接続されている Android 端末にあるサンプル アプリケーションを起動するように設定されていることを確認します。
    4. Run をクリックします。接続されている端末でサンプルが実行されます。

IntelliJ

以下のステップでは、IntelliJ 環境をセットアップし、API とともに配布されたサンプル プロジェクトをビルドし、実行する方法を説明します。ただし、ここでは、IntelliJ IDEA 12.0 Community Edition を使用した手順を説明しています。

  1. Android SDK をダウンロードします。

  2. IntelliJ のグローバル(IDE)レベルで Android SDK を設定します。

  3. YouTube Android Player API の最新バージョンをダウンロードし、IntelliJ がアクセスできる場所にこのファイルを解凍します。

  4. IntelliJ を開きます。

    1. File メニューで Import Project を選択します。プロンプトが表示されたら、インポートするファイルまたはディレクトリを選択し、解凍されるファイルの中にある sample ディレクトリに移動します。
    2. 既存のソースからのプロジェクトの作成を選択します。
    3. プロジェクトの名前と場所を設定します(プロジェクトの場所には、必ず sample ディレクトリを指定してください)。
    4. このプロジェクト用に検出されたソース ファイルをすべてプロジェクトのルートに追加することを選択します。
    5. このプロジェクト用に検出されたライブラリを確認し、次の手順に進みます。
    6. このプロジェクト用に検出されたモジュール ストラクチャを確認し、次の手順に進みます。
    7. プロジェクト SDK として、Android 4.2(またはそれ以降)プラットフォーム SDK を選択します。
    8. このプロジェクト用に検出されたフレームワークを確認します。これで、プロジェクトのインポートは完了です。

  5. com.examples.youtubeapidemo パッケージ(sample/src/com/examples/youtubeapidemo/DeveloperKey.java)の DeveloperKey.java ファイルを開き、以下の行で null を有効な YouTube デベロッパー キーで置き換えます。

    public static final String DEVELOPER_KEY = null;

    デベロッパー キーを設定しなかった場合、サンプルを実行しようとすると、java.lang.NullPointerException がスローされ、サンプルは閉じられます。

  6. Build メニューから Make project を選択し、プロジェクトをビルドします。

  7. 接続されている Android 端末でサンプルを実行します。ただし、要求されたバージョンの YouTube アプリがエミュレータで実行されないことがあります。この場合、サンプルの実行は失敗します。

    1. YouTube アプリ バージョン 4.2.16 以降が実行されている Android 端末に接続します。
    2. Run メニューから Run を選択します。
    3. サンプル アプリケーションを実行するために設定を編集します。
    4. General タブの Target Device セクションで、USB device を選択します。
    5. Run をクリックします。接続されている端末でサンプルが実行されます。