Google Maps Platform のクレジット使用量を見積もる

注: 現在 Google Maps Platform プレミアム プランは、新規お申し込みまたは新規お客様のご利用を受け付けていません。

このページは、2016 年 1 月にリリースされた新しい Google Maps Platform プレミアム プランをお使いのお客様のみを対象としています。

ご利用のライセンス(プレミアム プランまたは以前のライセンス)を確認する方法
現在お持ちのライセンスを確認するには:
> Google Cloud サポート ポータルで、左側の [Maps: Usage Report] をクリックします。
> レポート上部の ID の形式を確認します。
   gme-[company] & proj-[number] ([type])
上記の形式の場合、プレミアム プランをご利用中です。
上記の形式でない場合、以前のライセンス(Maps APIs for Work または Maps API for Business)をご利用中です。

はじめに

Google Maps Platform プレミアム プランでは、アプリケーションが API をリクエストするたびに、お客様が毎年購入する Maps API クレジットが消費されます。ここでは、一般的なマップ アプリケーション(不動産の物件リストを表示するシンプルなマップと複雑な店舗検索)を例にとり、Maps API クレジットの年間使用量を見積もる方法を説明します。

これらの例で、アプリケーションのクレジット使用量を見積もるにあたっての考慮事項は次のとおりです。

  • アプリケーションのユーザー エクスペリエンス
  • アプリケーションが使用する API
  • いくつかの実装の詳細
  • アプリケーションを使用する頻度

上記の情報に基づいて、アプリケーションが 1 年間に消費するクレジット数を見積もります。Google Maps API Premium Calculator を使用すると、より簡単に計算できます。

例 1: 不動産の物件リストを表示するマップ

ユーザー エクスペリエンス

この不動産会社のスタッフは、社内のウェブサイトから、現在アクティブなすべての物件をマップ上で閲覧できます。マップ上で物件のマーカーをクリックすると、情報ウィンドウが開き、データベースに登録されている詳細情報(売主側エージェント、物件の住所、面積、物件の写真、ストリートビュー画像など)が表示されます。さらに、情報ウィンドウで [ルート検索] ボタンをクリックし、オフィスの位置を選択すると、その物件までのルートが表示されます。

使用する Maps API

API 機能
Maps JavaScript API 社内のウェブページにマップを表示します。
Street View Static API 情報ウィンドウにパノラマ画像を取り込みます。
Geocoding API 物件の住所データベースを使用して、リストの座標(緯度と経度)を特定します。
Directions API 物件までのルートを提供します。

実装の詳細

  • 米国のコロラド州に 30 か所のオフィスがあり、約 3,000 人のスタッフが働いています。
  • この不動産会社のデータベースには、通常、約 25,000 件のアクティブな物件が保存されています。
  • ジオコーディング ウェブサービスを使用して、リストを毎日ジオコーディングします。

スタッフの推定使用量

社内ウェブサイトで、リストマップへのアクセス数を 1 日あたり 3,000 回と見積もります。スタッフがリストマップにアクセスするたびに、次の操作を行うものとします。

  • 情報ウィンドウで 5 つの物件を閲覧する
  • 1 つの物件へのルートを検索する

Maps API クレジットの計算

マップロードの使用量

API 使用量
Maps JavaScript API 1 マップロード × 3,000 訪問者 × 1 クレジット = 3,000 クレジット
Street View Static API 5 マップロード × 3,000 訪問者 × 0.25 クレジット = 3,700 クレジット

合計マップロード: 3,000 + 3,750 = 6,750 リクエスト(1 日あたり)× 365 日 = 2,463,750(1 年間に必要なクレジット)

ウェブサービス API の使用量

API 使用量
Geocoding API 1 日あたり 25,000 回のジオコード
Directions API 1 リクエスト × 3,000 訪問者 = 3,000 クエリ

合計 QPD: 25,000 + 3,000 = 28,000 QPD

QPD が 1 日あたりの無料使用量(100,000 件)を超えていないため、追加のクレジットは必要ありません。

1 年間に必要な Maps API クレジット

2,463,750 クレジット(マップロード用)+ 0 クレジット(ウェブサービス用)= 2,463,750 クレジット

例 2: 店舗検索

ユーザー エクスペリエンス

ユーザーはウェブサイトまたはモバイルアプリ(Android / iOS)の店舗検索機能を使用して、特定の場所の周辺にある店舗を 50 件まで検索できます。まず、出発点となる現在位置、その他の場所、スポットなどを入力します。ユーザーが出発点を入力し始めると、一致する住所や場所名が自動的にリスト表示されます。そのリストから場所を選択すると、その場所から最も近い 50 店舗のマーカーがマップ上に表示されます。いずれかのマーカーをクリックすると情報ウィンドウが開き、(店舗データベースに登録されている)住所と営業時間、店舗までの距離、その場所のパノラマ画像など、選択した店舗に関する詳細が表示されます。その店舗までのルートを確認することもできます。

使用する Maps API

API 機能
Maps JavaScript API ウェブサイトにマップを表示します。
Mobile SDK(Android / iOS) モバイル デバイスにマップを表示します。
Street View Static API 情報ウィンドウに静的な(インタラクティブでない)パノラマ画像を取り込みます。
Geocoding API 店舗の住所リストを使用して、店舗の座標(緯度と経度)を取得します。
Distance Matrix API 起点からデータベース内の各店舗までの距離と移動時間を取得します。この情報は情報ウィンドウに表示されます。
Directions API 店舗までの経路を取得します。
Places API
JavaScript ライブラリと
ウェブサービス
  • Place Autocomplete: 住所または特定のスポットの予測入力照合を可能にします。
  • Places Details: オートコンプリートの結果からユーザーが選択した出発点の住所(または「プレイス」)を提供します。

実装の詳細

この実装で、使用量の見積りに関連する詳細は次のとおりです。

  • 世界中に 1,500 店舗あります。
  • ジオコーディング ウェブサービスを使用して、1,500 店舗の位置を 30 日ごとにジオコーディングします。
  • データベースの距離関数を使用して、ジオコーディングしたすべての住所を検索し、訪問者の出発点に最も近い 50 店舗を取得します。
  • Distance Matrix API を呼び出し、出発点に最も近い 50 店舗(データベースから取得)までの移動距離と移動時間を表示します。距離を計算する店舗数を 50 に制限することで、リクエストあたりの要素数が上限の 625 を超えないようにします。

想定されるユーザーの使用状況

店舗検索へのアクセス数は 1 日あたり 2,000 回と想定(ウェブサイトで約 1,000 回、モバイル デバイスで約 1,000 回)。各アクセスについて、想定されるユーザーの行動は次のとおりです。

  • 出発点を指定する際、平均 8 文字を入力する
  • 1 か所の出発点を検索し、1 か所の出発点を選択する
  • 平均 2 個のマーカーをクリックして情報ウィンドウを表示する
  • 1 拠点へのルートを取得する

Maps API クレジットの計算

マップロードの使用量

API 使用量
Maps JavaScript API 1 マップロード × 1,000 訪問者 × 1 クレジット = 1,000 クレジット
Mobile SDK 1 マップロード × 1,000 訪問者 × 1 クレジット = 1,000 クレジット
Street View Static API 2 マップロード × 2,000 訪問者 × 0.25 クレジット = 1,000 クレジット

合計マップロード: 1,000 + 1,000 + 1,000 = 3,000 リクエスト(1 日あたり)× 365 日 = 1,095,000(1 年間に必要なクレジット)

Maps JavaScript / ウェブサービス API の使用量

API 使用量
Geocoding API 1,500 ジオコード = 1,500 クエリ(1 か月あたり)
Directions API 1 リクエスト × 2,000 訪問者 = 2,000 クエリ
Distance Matrix API 1 リクエスト × 2,000 訪問者 × 最寄りの 50 店舗 = 100,000 要素

合計 QPD: 2,000 + 100,000 = 102,000 QPD

QPD の合計超過分: 102,000 - 100,000 無料 QPD = 2,000 QPD 超過 × 0.25 クレジット = 500 クレジット(1 日あたり)/ 182,500 クレジット(1 年あたり)

ジオコーディングの合計 QPD: 1,500 × 0.25 クレジット = 375 クレジット(1 か月あたり)/ 4,500 クレジット(1 年あたり)

1 年間の合計超過分: 182,500 + 4,500 = 187,000 クレジット(1 年あたり)

Places API の使用量

API 使用量
Places API の Place Autocomplete 1 検索 × 8 文字(1 検索あたり)× 0.1 クレジット = 0.8 × 2,000 訪問者 = 1,600 クレジット
Places API の Place Details 1 リクエスト × 2,000 訪問者 × 2 クレジット = 4,000 クレジット

Places API 合計使用量: 1,600 + 4,000 = 5,600 リクエスト(1 日あたり)/ 2,044,000 クレジット(1 年あたり)

1 年間に必要な Maps API クレジット

1,095,000 クレジット(マップロード)+ 187,000 クレジット(QPD 超過分)+ 2,044,000 クレジット(Places)= 3,326,000 クレジット