テスト

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google 広告のテストツールで、複数のキャンペーンの変更内容をテストし、掲載結果を比較して、効果的な変更を適用できます。

コンバージョンにつながったリソース
顧客

上記のリソースのフィールドは、このリソースとともに SELECT 句と WHERE 句で選択できます。これらのフィールドでは、SELECT 句内の指標を分割しません

experiment.description

フィールドの説明テストの説明。長さは 1 ~ 2048 にする必要があります。
カテゴリATTRIBUTE
データ型STRING
URL を入力N/A
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

テスト終了日

フィールドの説明テストの終了日。デフォルトでは、テストはキャンペーンの終了日に終了します。このフィールドが設定されている場合、テストは顧客のタイムゾーンで指定された日付の終わりに終了します。形式: YYYY-MM-DD 例: 2019-04-18
カテゴリATTRIBUTE
データ型STRING
URL を入力N/A
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

experiment.experiment_id

フィールドの説明出力のみ。テストの ID。読み取り専用。
カテゴリATTRIBUTE
データ型INT64
URL を入力N/A
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

experiment.goals

フィールドの説明このテストの目標。
カテゴリATTRIBUTE
データ型MESSAGE
URL を入力google.ads.googleads.v11.common.MetricGoal
フィルタ可能誤り
選択可能正しい
Sortable誤り
繰り返し正しい

experiment.long_running_operation

フィールドの説明出力のみ。テストのスケジュールの完了やプロモーションの完了をポーリングするために使用できる長時間実行オペレーションのリソース名。最新の長時間実行オペレーションが返されます。
カテゴリATTRIBUTE
データ型STRING
URL を入力N/A
フィルタ可能誤り
選択可能正しい
Sortable誤り
繰り返し誤り

experiment.name

フィールドの説明必須。テストの名前。長さは 1 ~ 1024 の範囲で指定してください。ユーザーごとに一意である必要があります。
カテゴリATTRIBUTE
データ型STRING
URL を入力N/A
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

experiment.promote_status

フィールドの説明出力のみ。テスト プロモーション プロセスのステータス。
カテゴリATTRIBUTE
データ型
URL を入力google.ads.googleads.v11.enums.AsyncActionStatusEnum.AsyncActionStatus
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

experiment.resource_name

フィールドの説明不変。テストのリソース名。テストのリソース名の形式は customers/{customer_id}/experiments/{experiment_id} です。
カテゴリATTRIBUTE
データ型RESOURCE_NAME
URL を入力N/A
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable誤り
繰り返し誤り

experiment.start_date

フィールドの説明テストの開始日。デフォルトでは、テストは今すぐ、またはキャンペーンの開始日のいずれか遅い方の時点で開始されます。この項目が設定されている場合、テストはお客様のタイムゾーンで、指定した日付の初めに開始されます。形式: YYYY-MM-DD 例: 2019-03-14
カテゴリATTRIBUTE
データ型STRING
URL を入力N/A
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

experiment.status

フィールドの説明このテストで広告主が選択したステータス。
カテゴリATTRIBUTE
データ型
URL を入力google.ads.googleads.v11.enums.ExperimentStatusEnum.ExperimentStatus
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

experiment.suffix

フィールドの説明システム管理のテストの場合、広告主様は作成段階の段階で、開始前に接尾辞を指定しておく必要があります。サフィックスは、設計中とテスト キャンペーン名に付加されます。この名前は、基本となるキャンペーン名と接尾辞になります。
カテゴリATTRIBUTE
データ型STRING
URL を入力N/A
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り

テストタイプ

フィールドの説明このテストを使用するプロダクト/機能。
カテゴリATTRIBUTE
データ型
URL を入力google.ads.googleads.v11.enums.ExperimentTypeEnum.ExperimentType
フィルタ可能正しい
選択可能正しい
Sortable正しい
繰り返し誤り