Google Ads API の新機能と改善点

動画: 最新情報

Google Ads API では、AdWords API のアップグレード時に新機能と改善点が導入されています。このページでは、これらの改善点の一部について詳しく説明します。Google Ads API の変更の詳細については、リリースノートをご覧ください。

イノベーション: Google の革新的な広告プラットフォームを拡張

新機能が追加され、上方互換性が改善されて、頻繁にリリースされる予定です。キャンペーンのパフォーマンス向上に役立つ自動最適化案などの多くの新機能は、革新的でフル機能の広告掲載 API を提供する取り組みのほんの始まりにすぎません。Google Ads API は頻繁にリリースされ、新機能やバグの修正も頻繁にリリースされます。

生産性: より迅速かつ容易なアプリケーション構築

Google Ads API を使用すると、少ないコードでアプリケーションを構築できるため、アプリケーションの市場投入までの時間を短縮できます。レポートと更新がシームレスに統合されるだけでなく、柔軟で直感的なクエリ言語を使用してスケーラブルなレポートを構築できます。この更新により、API が Google の最新の標準と整合性が保たれます。

新機能とイノベーション

デベロッパーの生産性の向上

  • [新規] GoogleAdsService では、異なるサービス間で多くのオブジェクトを、一貫性のある方法で同期して変更できます。部分的な障害を設定すると、1 回のリクエストで独立したオペレーションを実行できます。このサービスのオペレーションは、同種のプログラミング体験のために非同期バッチ処理で使用することもできます。

  • [新規] GAQL クエリの作成と検証に役立つ Interactive Query Builder ツール

  • [新機能] Google Ads API は gRPC インターフェースと REST インターフェースの両方を提供しています。REST インターフェースは、他の REST サービスとの互換性を維持しながらデバッグに役立ちます。XML よりも読みやすくなっています。

  • [新機能] Google 広告アカウントの変更履歴を取得するイベントの変更サービスとステータス変更サービス

  • [改良された] レポート

    • レポート レスポンスには、ミューテーションで使用できるリソース オブジェクトが含まれています。
    • クエリは簡素化され、すべてのクエリは異なるサービスではなく GoogleAdsService を経由します。
    • すべてのレポートは、マルチアトリビューションのみで、管理画面などの他の Google 広告 インターフェースがそのまま使用されます。
    • 結果はストリーミングまたはページ分割できます。
  • [改良] 移行が容易になるように既存の認証情報との互換性があります。AdWords API と Google Ads API の両方で、同じ開発者トークン、クライアント ID、クライアント シークレットを使用できます。エンティティ ID またはリソース ID はどちらの API でも同じであるため、移行と既存のデータとの整合性の確保が容易です。