ログインお客様 ID

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

login-customer-id は、Google 広告の API で新たに必須になったヘッダーです。MCC アカウントを使用して営業中の顧客アカウントにアクセスする際に使用します。運用中の顧客アカウントに直接アクセスする場合、login-customer-id ヘッダーは必要ありません。

認証済みのユーザーがクライアント センター(MCC)アカウントと運用中の顧客アカウントの両方にアクセスできる場合は、あいまいさを避けるため、login-customer-id を指定する必要があります。この場合も login-customer-id を指定しなくても機能しますが、コンテキストは動作中の顧客アカウントのみに設定されます(これは想定された動作ではありません)。

クライアント センター(MCC)アカウントの OAuth2 認証情報のみでアカウントを管理している場合は、正しい login-customer-id 値を取得する手順は次のとおりです。

  1. アクセス可能なユーザーを一覧表示する

    ListAccessibleCustomers サンプルを使用して、指定した OAuth2 認証情報を使用してアクセス可能なすべてのお客様のリストを生成します。そのページで述べられているとおり、直接アクセスできるユーザーのみが返されます。MCC アカウントと子アカウントはいずれも返すことができます。

  2. MCC アカウントの階層を決定する

    ステップ 1 で返された MCC アカウントごとに、GetAccountHierarchy の例を使用してアカウント階層を特定します。

    login-customer-id を指定せずに GetAccountHierarchy の例を実行すると、手順 1 が自動的に実行されます。

  3. 適切な MCC アカウントを選択する

    対象の営業顧客アカウントに複数の MCC アカウントがある場合は、階層の最上位にある MCC アカウントを選択します。これにより、アカウントの階層全体で複数の呼び出しに対して同じ login-customer-id を維持できるため、過度の切り替えを回避できます。

    このルールの例外は、請求などで、特定のクライアント センター(MCC)アカウントを選択する必要がある場合です。