10 月 21 日の Google スマートホーム デベロッパー サミットに、ぜひオンラインでご参加ください。こちらから登録すると、Google スマートホームの新機能や最新情報を確認できます。

スマートホーム アクションのテストと共有

スマートホーム アクションを作成したら、想定どおり動作するかをテストします。また、スマートホーム アクションを他のユーザーと共有して、リリースのために Google に送信する前にアクションをテストしてもらうこともできます。

テストのためのセットアップを行う

先へ進む前に、Actions Console でスマートホーム アクションを作成してアカウント リンクをセットアップしたことを確認してください。

アクションを手動でテストしたりテストスイートを実行したりするためには、最初にアクションのデバイステストを有効にしてそれを Google アカウントにリンクする必要があります。このセットアップを行うことで Actions Console へのログインに使用したアカウントを使って Google アシスタント画面と Google Home アプリでテストできるようになります。

デバイステストを有効にする

デバイステストは、Actions Console から有効にします。

  1. Actions Console に移動して、プロジェクトを選択します。
  2. Actions Console にログインして、[Test](テスト)> [Simulator](シミュレータ)をクリックします。
  3. [Start testing](テストを開始)をクリックします。

プロジェクトをリンクする

アクションを Google アカウントにリンクする手順は次のとおりです。

  1. スマートフォンで、Google アシスタントの設定を開きます。 コンソールのアカウントと同じアカウントでログインしていることを確認します。

    1. Google アシスタントの設定で [スマートホーム] を開きます。
    2. 右下にあるプラス(+)アイコンを選択します。
    3. スマートホーム アクションが [test] 接頭辞と設定した表示名とともに表示されます。
    4. そのアイテムを選択します。Google アシスタントがクラウド サービスで認証を行い、SYNC リクエストを送信してデバイスのリストをユーザーに提供するようサービスに依頼します。
  2. Google Home アプリを開いて、スマートホーム デバイスを表示できることを確認します。表示できる場合は、スマートホーム アクションをアシスタント画面(スマートフォンの Google Home やアシスタント アプリを含む)から呼び出せるはずです。

アクションのテストを実行する

物理的デバイス(アシスタント対応スマートフォンなど)でアクションをテストすることが、ユーザー エクスペリエンスをテストしてアクションが予想どおりに動作するか確認するのに役立ちます。

さまざまなサンプルのクエリやコマンドを、アクションが使用するトレイトに基づいてテストする必要があります。ユーザークエリとコマンドの例については、トレイトのドキュメントを参照してください。

手動でテストできるだけでなく、自動のスマートホーム用テストスイートを使用して、デバイスタイプと、アクションに関連付けられたトレイトに基づいてユースケースを検証できます。テストスイートは、ローカルの開発マシンのスピーカーやヘッドフォン、Google Home デバイスを使用して一連のテストを実行します。

アクションを共有する

プロジェクトに他のユーザーを招待して、スマートホーム アクションをテストできます。これは、開発チームの他のメンバーとプロジェクトを共有して全員がテストできるようにしたいときや、本番環境リリースの準備で品質保証(QA)テスターとプロジェクトを共有するときに便利です。

プロジェクトへのアクセスを共有する

他のユーザーとプロジェクトを共有して、アクションをテストする権限を付与する必要があります。

  1. コンソールの右上にある アイコンをクリックします。
  2. [Manage user access](ユーザー アクセスの管理)をクリックします。Google Cloud Platform の IAM 権限ページにリダイレクトされます。
  3. ページの上部にある [ADD](追加)をクリックします。
  4. 追加するユーザーのメールアドレスを入力します。
  5. [Select a role](ロールを選択)をクリックし、[Project](プロジェクト)< [Viewer](閲覧者)を選択します。
  6. [SAVE](保存)をクリックします。
ユーザーがそれぞれのコンソールでアクションを確認できるようになります。

テストを有効にする

アクションに対する共有アクセス権を持つユーザーは、スマートフォンなどのアシスタント対応デバイスでテストできます。シミュレータでの共有アクションのテストはサポートされていません。

スマートホーム アクションをテストする前に、ユーザーはテストのためのセットアップを行う必要があります。

これらの手順を完了すると、ユーザーは Google アシスタント アプリと Home アプリでアクションをテストできるようになります。