フルフィルメント

フルフィルメントは Webhook としてデプロイされるコードで、あらゆる種類のスマートホーム インテントの動的なレスポンスの生成を可能にします。 ユーザーと Google アシスタントとの会話においては、フルフィルメントを使用することで、Google の自然言語処理によって抽出される情報に基づいて動的レスポンスを生成したり、バックエンドでのアクション(たとえばライトをつける)をトリガーしたりできます。

フルフィルメントは、アシスタントからリクエストを受け取り、そのリクエストを処理して応答します。このリクエストとレスポンスのやり取りにより会話が進み、最終的に最初のユーザー リクエストが実行されるまで続きます。ほとんどの場合、ユーザーは「OK Google, ライトをつけて」などのシンプルな会話で Google アシスタントにスマートホームの操作をリクエストします。ただし、二次的なユーザー確認を実装している場合は、「OK Google, 玄関のロックを解除して」などの特定のユーザー リクエストの後に Google アシスタントが確認 PIN を要求する場合があるため、フルフィルメントで複数のリクエストとレスポンスの処理が必要になることもあります。

図 1 に、スマートホーム EXECUTE インテントの正常なフルフィルメントと実行を示します。

この図は、クラウド実行の実行フローを示しています。実行パスが Google アシスタントを搭載したスマートフォンからユーザーのインテントを取得して、ユーザー インテントが Google Cloud によって処理され、リクエストがデベロッパー クラウドに送信されて、コマンドがデバイスハブにまたは直接デバイスに発行されます。
図 1. 正常なデベロッパー クラウド実行パス。