レポートの自動化 - 記事とソリューション

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google Analytics API を使用すると、複雑なレポートタスクを自動化して、時間を節約できます。また、これらの API を使って自身のビジネスデータを Google アナリティクスのデータに統合すれば、より詳細にデータを分析できます。

Google アナリティクス Embed API 2014 年 6 月

Google アナリティクスの Embed API は、たった数分でサードパーティのウェブサイトに簡単にマイレポートを作成したり埋め込んだりできるようにする JavaScript ライブラリです。この API に用意されている一連のプラグ可能なコンポーネントを連携させて、シンプルかつ効果的な多機能ツールを作成できます。

Google アナリティクス superProxy 2013 年 7 月

Google アナリティクス superProxy により、Google アナリティクスのレポートデータを公開することができます。また、これを利用して独自のマイレポートやウィジェットを作成し、レスポンスを多様な形式に変換することが可能です。

  • Google アナリティクス レポートの自動化(Magic Script)2012 年 8 月

    Magic スクリプトは、Google アナリティクス データを Apps スクリプトでサポートされるサービス(Google ドキュメント、サイト、スプレッドシートなど)に入力するプロセスの簡略化と自動化を行います。Google アナリティクスの最新データで自動的に更新されるマイレポートを作成します(コードは不要です)。

  • Google Apps Script を使用したレポートの自動化 2012 年 8 月

    このチュートリアルでは、Apps スクリプトを使って Google スプレッドシート内で Management API と Core Reporting API にアクセスする方法を説明します。

  • Data Export API から CSV 形式へのデータ出力2010 年 8 月

    Google アナリティクスを使用していると、データをスプレッドシートで利用したくなる場合があります。この記事では、Data Export API のデータをテーブルデータ用の最も一般的なファイル形式である CSV に出力して、すべての手動作業を自動化する方法について説明します。

  • Google Chart Tools を使用して Google アナリティクス データを可視化する2010 年 7 月

    この記事では JavaScript を使用して Export API からデータを抽出し、動的にグラフ画像を作成してウェブページに埋め込む方法について説明します。この操作を行うために、Data Export API と Google グラフツールを使用して Google アナリティクス データを視覚化する方法を紹介します。ここで紹介するサンプルコードは、JavaScript を使用して Export API からデータを抽出し、動的にグラフ画像を作成してウェブページに埋め込みます。

  • 日付リクエストでの欠落値の入力 2009 年 10 月

    時系列に表示されるデータをリクエストした場合、時系列リクエストの日付が欠落していることがあります。複数のディメンションをリクエストすると、Data Export API はデータが収集された日付のエントリのみを返します。時系列の日付が欠落することがありますが、この記事では、そうした日付を入力する方法について説明します。

  • Java を使用した App Engine で Google アナリティクスを操作する 2009 年 10 月

    この記事では、App Engine Java SDK を使用して認証済みの Google Data API リクエストを行う方法について説明します。この記事の例では、AuthSub と OAuth をサポートしており、Model-View-Controller パターンを使用しています。また、独自のアプリケーションの構築に使用できるモデルとしても機能しています。ライブの例をお試しください。