リマーケティング ユーザーリストに関するデベロッパー ガイド

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このドキュメントでは、Management API を使って Google アナリティクス リマーケティング ユーザーリストを管理する方法について説明します。

はじめに

Management API を使って、Google アナリティクスのプロパティのリマーケティング ユーザーリストに対して creategetdeletelistupdatepatch を実行できます。リマーケティング ユーザーリストの仕組みについて詳しくは、ヘルプセンターでアナリティクスのリマーケティング ユーザーリストについてをご覧ください。

使用例

リマーケティング ユーザーリスト リソースでは、getdeletelistpatchupdate がサポートされています。ただし、主な使用例は次のとおりです。

リマーケティング ユーザーリストを一覧表示する

プロパティのすべてのリマーケティング ユーザーリストを一覧表示するには:

  1. Management API または Account Explorer を使って、accountIdwebPropertyId を取得します。
  2. リマーケティング ユーザーリスト リソースの list メソッドを実行します。

リマーケティング ユーザーリスト リソースの list メソッドについて詳しくは、API リファレンスをご覧ください。

新しいリマーケティング ユーザーリストを作成する

プロパティの新しいリマーケティング ユーザーリストを作成するには:

  1. Management API または Account Explorer を使って、accountIdwebPropertyId を取得します。
  2. Management API または Account Explorer を使って、linkedViews [] プロパティのビュー(旧「プロファイル」)の ID を取得します。
  3. Google 広告リンク コレクションを使用して、linkedAdAccounts.linkedAccountId の Google 広告アカウント ID を取得します。
    • 現在のところ、linkedAdAccounts[] プロパティに設定できる linkedForeignAccount は 1 つのみです。
    • linkedAdAccounts[].typeADWORDS_LINKSDBM_LINKSMCC_LINKSOPTIMIZE のいずれかに設定できます。
  4. オプションのセグメント コレクションを使用して includeConditionssegment プロパティを設定します。状態ベースのユーザーリストを作成する場合は、excludeConditions について同様の手順を行います。なお、セグメントの定義について詳しくは、セグメント リファレンスをご覧ください。
    • includeConditions には、必要に応じて membershipDurationDays および daysToLookBack の値を設定できます。
    • excludeConditions.exclusionDuration は、必要に応じて PERMANENT に設定できます。
  5. リマーケティング ユーザーリスト リソースの insert メソッドを実行します。

API を使うと、2 種類のユーザーリスト(SIMPLESTATE_BASED)を作成できます。SIMPLE ユーザーリストの場合は、一致条件の segmentaudienceDefinition のみを作成します。このとき、NOT 演算子(「!」)は使用しません。除外条件を含める必要がある場合は、statebasedDefinition を定義する必要があります。詳しくは、状態ベースのユーザーリストリファレンスのサンプルをご覧ください。

既存のリマーケティング ユーザーリストを更新する

プロパティの既存のリマーケティング ユーザーリストを更新するには:

  1. すでにリマーケティング ユーザーリスト ID を把握している場合は、get を呼び出すことができます。それ以外の場合は、list を呼び出して、更新するユーザーリストを選択します。
  2. 任意の書き込み可能なフィールドを更新し、update を呼び出して、更新したユーザーリスト オブジェクトを渡します。